神が発動する原理

神の純度が高まると

人間的な感情が消えて
「摂理」だけの世界になります。

学校で子どもたちが勉強しているのは
「摂理」ですよね。

数学も理科も自然科学です。

人為的に作られたものは
どこかで辻褄が合わなくなることがありますが

摂理には狂いがなく
どこを掘り下げても理屈が整合します。

昔の人は
「お天道様が見ているよ」
「バチが当たるよ」

と言いましたが、
それは摂理のことを言っていたのです。

天に唾を吐けば、自分に返ってくる。
人を欺けば、人に欺かれる。

これらは全て自然の道理です。

その道理を寸分の狂いもなく
発動させている仕組みそのものが「神」である
、と。

この話を見事に言い当てているのが
西郷南洲(隆盛)です。

『西郷南洲翁遺訓』の第38条にはこうあります。

世人(せじん)の唱(とな)ふる機会とは
多くは僥倖(ぎょうこう)の仕當(しあ)てたるを言ふ。

真の機会とは理を尽くして行ひ
勢(せい)を審(つまびら)かにして動くと云ふに在り。

自分が世の中の情勢とバランスを
しっかり考えながら

誠心誠意、一所懸命に動くことができれば

それは天地の道理にかなうから
チャンスも自ずとやってくる。

だからチャンスとは
偶然に起きるものではなく

天地の道理にかなって起きるものなんだよ。

と。

これはまさに、
(正しい)神が発動する原理を述べています。

すごいことです。


■五穀さま通信【会員制】に登録いただくと、本記事の全文が読めます。
https://kotoku-jinja.jp/mm