強運は<祓い>の本質

神社では、祭典のはじめに
「修祓」(しゅばつ)と言って

大麻(おおぬさ)を振る場面がありますが

これは
「大麻(おおぬさ)に罪穢れをなすりつける」
という「型」を示しています。

この「型」という言葉が重要で、

それによって
「祓った」「祓われた」という自覚を人間にもたらして

実質の「祓い」の現象を起こす元となります。

例えば朝、家族が出かける際に
「気をつけていってらっしゃい」と見送ります。

「気をつけて」という「型」を相手に載せることで
「気をつけた」状態が相手にもたらされる。

「言霊」(ことだま)と関連する考えです。

このように見た時に
【強運】ということも

まず自分の中に【強運】の確信(型)を持つことによって
自分の運気を下げる異物が排除されていく(罪穢れが逃げていく)

これ、まさに<祓い>の本質ではないでしょうか。


■五穀さま通信【会員制】に登録いただくと、本記事の全文が読めます。
https://kotoku-jinja.jp/mm